海の日は1995年(平成7年)に制定された
新しい祝日で、もともとは7月20日でした。

そして、2003年に祝日法が改正されて、
ハッピーマンデーとして、
7月の第3月曜日が休日となりました。

海の日が祭日になった背景には
それまで7月に祝日がなかったという事もありますが、
この祝日にもちゃんとしたルーツがあります。

そんな『海の日』ですが、
その由来を知る方は少ないのではないでしょうか?

世界でも、『海の日』を休日として
制定しているのは日本だけです。

海の日は、突然できた祭日のようですが、
もともと『海の記念日』という、記念日でした。

海の記念日の由来は、1876年(明治9年)まで
さかのぼります。

明治天皇が東北地方を50日かけて巡幸した際に、
初めて灯台巡視用の汽船に乗って航海され、
横浜港に帰着したのが7月20日だったのです。

それにちなんで1941年(昭和16年)に、
当時の逓信大臣であった村田昇蔵氏が
海の記念日を制定しました。

海の日ができる前は7月は祝日がなかったのですが
7月は海を一番感じる事のできる季節だという理由で
海の仕事をしている関係者たちが
海の記念日を祝日にしようと活動した結果、
海の日が生まれました。

国民の祝日に関する法律では、海の日は
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
という趣旨の祭日となっています。

今では7月を海の月間として、
海にちなんださまざまなイベントが開催されています。

ちなみに、海のない奈良県では、
海の日と同じ7月の第3月曜日を

『奈良県山の日・川の日』

として、条例で定めていて、
海のない県でも色々な企画が
なされているそうです。

スポンサードリンク