イギリスの経済紙、エコノミストによると

世界の都市の生活費を調べたところ

1位が東京、2位が大阪と、デフレが進んでいるにもかかわらず

日本の物価の高さが目立ちました。

生活費ランキングは以下の通り

1位、東京

2位、大阪

3位、シドニー(豪)

4位、オスロ(ノルウェー)

4位、メルボルン(豪)

6位、シンガポール(シンガポール)

7位、チューリヒ(スイス)

8位、パリ(仏)

9位、カラカス(ベネズエラ)

10位、ジュネーブ(スイス)

 

日本はこれから少子高齢化、安価な外国人労働者の流入や

テクノロジーの進歩で雇用、収入の減少が危ぶまれています。

それなのに物価は世界で最高水準なのですから

僕らはもっと日本の将来、自分自身の将来に

危機感を持たなければいけないと思います。

 

あなたは将来のために“準備”していますか?

 

 

 

スポンサードリンク