熱中症指数とは?熱中症

温暖化、ヒートアイランド現象による
熱中症の増加から、熱中症指数が
注目され始めています。

熱中症指数とは、人体の熱収支に影響の大きい
湿度、輻射熱、気温の3つを取り入れた
指標の事です。

正式にはWBGT(湿球黒球温度)を
元にしたものです。

WBGT指数は『暑さ指数』として、
環境省のサイトで確認することができます。

また、簡易熱中症指数計として、
WBGT指数を測定して熱中症の危険度を
知らせてくれる商品もあります。

注意すべきは、WBGT指数は

気温よりも低い値が出るので
気温と同じ尺度で解釈すると
危険だという事です。

運動に関する指針を示した
熱中症指数表は以下のようになります。

○熱中症指数31度以上
気温35度以上(参考)
運動は原則禁止
皮膚の温度より気温の方が高いので
運動は原則として禁止。

○熱中症指数28~31度
気温31~35度(参考)
厳重警戒
熱中症の危険が高いので、
激しい運動や持久走などは避ける。
体力の低い人や暑さに慣れていない人は
運動禁止。

○熱中症指数25~28度
気温28~31度(参考)
警戒
熱中症の危険が増すので、運動する時は
積極的に休息と水分をとる。

○熱中症指数21~25度
気温24~28度(参考)
注意
熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。
熱中症の兆候に注意し、運動中は積極的に水を飲む。

○熱中症指数21度以下
気温24度以下(参考)
ほぼ安全
通常は熱中症の危険性は小さい。
マラソンなどでは熱中症が発症する可能性も。

熱中症の危険度を表すWBGT指数(暑さ指数)を
確認できるサイトは以下より。

環境省熱中症予防情報

熱中症による被害を避けるためには
気温だけでなく、熱中症指数にも
注意して下さいね。

スポンサードリンク